2009年12月28日

台湾革新・灸

どうもこんばんわ。
サボり魔でございます。
それもこれも、新しいノートPCを導入しまして。
macにしようと思っていたものの、ヤマダ店員の強烈な勧誘に負けてvaioにしてしまった。
昨日今日はデータ移したりソフト入れたり・・・
みんなが冬期講習行ってるっていうのに俺は・・・orz
ということで、新しいPCで更新してみる。
記憶も薄れてきたので簡単に。

<三日目>
寝坊気味だったっけな。
毎日起床時間が遅くなっていった気がする。
んで、さっそく台中一中へ。
最初に、3000人中90人という数少ない女子の生息するアートクラスへ。
扇子を渡されて周りの女子と一緒に台湾でも書いてと。
幸い?カワイー子は近くにおらず、気楽でしたが。
あまり、アートクラスだからなのか、英語が通じず。
なかなかコミュニケーションが難しかったっす。
書いた扇子を交換するという企画があったものの、相手がまだ書き終わってないとかで、くれず。
ほしいかい?といっても下手だからかもらってもらえず。
なんか悲しい。
某委員長とかはいっぱいもらってたなあ。
英語できると得なのか。
正直、思っていたよりあまり楽しくない企画だったかなー。

んで、その後は一般生徒との調理実習。
相手が高一だったからか、テンションが高かったねうん。
なんだか内輪で盛り上がってたかなあ。
英語ができるからかある子が回りに押し出されてきて色々伝えてくれました。
パイナップルケーキはなかなかうまかったっすけどね。
まだ冷蔵庫にお土産用のラッピングされたやつがあります。

そんな感じ。
夕食は・・・なんだっけ。レストランだったかなあ。
夜は宇宙人さんに発表を見てもらったり。たり。

<四日目>
朝早くから台中一中に移動。byタクシー。安全でした。
さて、10:00くらいから、早速交流会。
エリートのサイエンスクラスが迎えてくれたのですが、すげえ。
英語は普通にぺらぺら。
で、トップバッターなので発表っと。
OSのちっちゃいところで、100人くらい相手に。
直前は余裕余裕って連呼してた気がする。
もちろん人って書いて喰ったりもしました。
まあなんか、思ってたよりは緊張しませんでした。
まあ原稿を読んでたかららくっちゃらくなんですが。
レーザーポインターが使いにくかったなあ。
んで、ほとんど記憶のない発表が終了。質問タイムへ。
僕等の予想では、さすがに英語でベラベラしゃべってしかも科学用語とか英語で言ってどうせ理解されなくて質問も出ないだろう、という見解だったのですが。
残念ながら?その予想ははずれ。
てんぷらは好きですか?から実験内容まで。
次から次へ質問が飛んでくる。
幸い、軽い質問が多かった気がしますが。
Gに英単語を聞きつつ、何とか乗り切ったのかなあ。
後で聞くと、なかなかいい雰囲気だったとか何とか。
トップバッターの仕事はしたかな、と自己満足に浸ってます。
後はぎるがめさんらの何回きいても理解した気になれない液晶の研究を聞いたり。
あちらの単純ながらすげー物理の研究を聞いたり。
シンガポールの実験大会で?一位だった生物の発表を聞いたり。
台湾スゲーって感じでした。
発表後は春日とヒグラシとか日本語で見てます、という人としゃべったり。楽しかったね。
完全に英語はあちらのがうまかったです。はい。

解散後はその学生の案内で町の散策。
露天で巨大なファミチキ?を喰ったり。
満腹になって、唯一不味かった黒いのを食べたり。
一時間180円のビリヤードをやったり。
あちらの学校には体育の授業でビリヤードをやるそうです。
たのしかったなー。

こうして、無事に任務を終えたのでした。

<5日目>
荷物を持って台北に移動。
日本語表記を中国語に変換しただけの日本製新幹線に乗り。
台北についたら、有名ホテル?のレストランで台湾料理をいただき。
午後は蒋介石博物館やら、台湾美術館やら。
なんといっても翡翠の白菜とか、豚の角煮には仰天。
あの発想は僕にはなかった。
ちょっと中国人が理解できなくなった。
後印象に残ってるのは、精細芸でしょうか。
目視できないほどに細かい美術品。
象牙の一本彫りです、といわれても信用できないんですけどwwwみたいな。
あれはすごかった。中国人すげえ。

夜は夜市にいってぶーらぶらしたり。
最終夜ってことでトランプしたりしゃべったり。
おしまい。

<六日目>
朝起きれませんでした。
集合時間に起床。
集合に5分遅刻してしまった。
空港行って、軽く喰って、飛行機乗って。
乱気流がすごかったなあ。怖くなかったけど。
機内ではブラフをずーっと。
あれは飽きないゲームですから。

結局ついたのが8:00くらい?
バスに乗って電車に乗って、迎えに来てもらって。
台湾旅行おしまい。

なかなか聞こえのよい感じに仕上がったかなー。
ぎるがめさんも書いてたけど、
ここに書いてない部分が大きかったりしますw
まあ心にそっとしまっておきます。
はぁ〜。

まあ準備含めてどうだったかな。
期末も政経と数学以外そんな悪くなかったし。
準備と実験は本当に大変だった。
でも旅行自体は本当に楽しかった。
足すとどうなんだろうなあ。よかったのかな。
そういうことで。

完全に自己満足が終了。
年末ですな。
年賀状デザインしたら父が作り直してくれた。
やっぱり私には右脳が欠如しているのか。
では、また会いましょう。
ではでは。
posted by marpore at 03:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きみの美的センスのぶっとびっぷりはもう
あれだよね
オンリーワンとか言えるレベル。

よいお年を。来年もよろしく。
Posted by Y at 2009年12月29日 22:56
なんかいいことを言われている気がしないぞよ。
まあもう矯正が聞くとは思ってませんが。
今理解されなくても、死んでから有名になった例も数多だしね。

そういや、年賀状にも全部で何匹か虎を書いたなあ。
Posted by ヤマト at 2009年12月29日 23:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
過去ログ