2015年10月25日

変わるモノ・変わらないモノ・変えられるモノ・変えられないモノ

横書きの文字ばかり読んでいる。
報告書・教科書・実用書・論文などなど、いつの間にか読んでいて肩に力が入っている。

自分は今特に追っかけている作品も作者さんも無いので、何かのキッカケがないと活字に触れない生活をしてしまっておりました。
この記事のタイトルはとある小説を読んでの感想(?)なのですが、なんだかわかりますかね。
景品はおビール一杯ということで。
ヒントは、母親におすすめしたら一ページ読むなり「君みたいな大学生っているんだね」って言われました。心外です。

いやしかし作家さんの良い日本語は読んでいて気持ち良いし愉しいですね。
言葉遣いが多彩で的確で妙味があると言うか。
一冊本を読んだら一単語でも盗んで自分のものにしていきたいわ。

口調・語り口を作品に合わせて変えるのも私には真似できません。
正直にいうとここで試してみるかと思ったのですが、シロートには一文も書けませんでした。
おそらく僕の最近の書き方は、夏休みにインターネットから隔離されたばーちゃんちに置いてあった「神様のカルテ」に多少影響されております。
その中で引かれている言葉で、セオドア・セレンソンの「良心に恥じぬということだけが、我々の確かな報酬だ」って言葉は刺さりましたね。


どうして「言葉」にこだわってるかって?...聞いてないって?
今の研究で機械学習をやっているわけですが、その対象が言葉だからです。
実は言葉には「書き言葉」と「話し言葉」の二種類あって、そのうち話し言葉についてあれこれ考えています。
この違いについては…又の機会に書くかもしれません。気になるようだったらググるか僕にビールを飲ませてください。


数日前に「人工知能で人類滅亡の脅威、国連で専門家が警鐘」なんてのがタイムリーに話題になってましたね。
ここで、この前の記事に貼っとけばよかったリンクを1つ。

watsonとはアメリカのクイズ番組で、人間のクイズマスターをやっつけた人工知能ですね。
彼が世界中の料理のレシピを学習して、そのルールから独自に考案したレシピが公開されています。
おそらく「踊る梅雨前線」よりは食える料理が並んでるんでしょう。完敗であります。


なんか何について書くか考えてなかったので、取り留めのない感じになってしまいました。
まあ普段は報告書やらメールやらスライドやら、頭を悩ませて書いてばっかりなのでたまにはお許し下さい(?
ではでは。
posted by marpore at 03:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。